QuietRoomとかミニチュアとかアートとか、国内外で発見した面白いものも紹介します。
Quickvoter

Q.QuietRoomの教室で教わりたいことは?

基本的な作り方
汚し・古びた表現
質感の作り方
上記以外


-view results-

by pentacom.jp

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
Ronald Ventura: Realities
Ronald Ventura: Realities (JUGEMレビュー »)
Daniela Palazzoli,Adjani Arumpac,Alice G. Guillermo
久しぶりに買った作品集。少し狙いすぎな感じもあるけど、素敵です。
Comfortable Country
Comfortable Country (JUGEMレビュー »)
Enrica Stabile
QuietRoomの作品が好きな方なら、きっと好きな雰囲気。古びてるけど、洗練された、とっても素敵なインテリア。
廃墟漂流
廃墟漂流 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎
物悲しい雰囲気じゃなくて、カッコイイ。錆の感じとか模型の参考にしてる。最後の方は怖くて泣きそうだけど…
強力型ピンセット P-894
強力型ピンセット P-894 (JUGEMレビュー »)

私が愛用するHOZANのピンセット。色んなピンセットを使ってみたけど、これがずば抜けて秀逸。
ピンセット P-886
ピンセット P-886 (JUGEMレビュー »)

植栽用には必須のピンセット。
ドールハウスに遊ぶ〈3〉ミニチュアの可能性 (創作市場)
ドールハウスに遊ぶ〈3〉ミニチュアの可能性 (創作市場) (JUGEMレビュー »)

芳賀一洋さんやうさわん工房さんをはじめ、著名なミニチュア作家の作品がフルカラーで掲載されています。ちなみにQuietRoomの作品も紹介されてます。
私のドールハウス (Vol.8) (Gakken interior mook)
私のドールハウス (Vol.8) (Gakken interior mook) (JUGEMレビュー »)

いまや廃刊となってしまったミニチュア雑誌。ミニチュア好きなら全巻集めたいところ。
フィッシャー・キング
フィッシャー・キング (JUGEMレビュー »)

心臓に突き刺さる。
この映画みたいな模型が作れたら人生最高。
軍艦島―眠りのなかの覚醒
軍艦島―眠りのなかの覚醒 (JUGEMレビュー »)
雑賀 雄二
一度は行ってみたい軍艦島。炭鉱って凄く怖いんだけど、凄く惹かれる場所です。
九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 -City of Darkness-
九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 -City of Darkness- (JUGEMレビュー »)
吉田 一郎,尾原 美保
中国の建物ってなんでこんなに惹かれるんでしょうか。誰かこの素晴しい建物を模型にして下さい。
「漁師の角度」―竹谷隆之作品集
「漁師の角度」―竹谷隆之作品集 (JUGEMレビュー »)
竹谷 隆之
私が造形作家で一番尊敬してる人。復刊が心から待ち遠しい。
石田徹也遺作集
石田徹也遺作集 (JUGEMレビュー »)
石田 徹也
ふらりと本屋に立ち寄った時に即買いした作品集。この混沌とした灰色の雰囲気は、心に響きました。可笑しな遠近感、無機物との合体、いつか表現してみたい世界。
工場萌え
工場萌え (JUGEMレビュー »)
大山 顕
素晴しいの一言。まさに工場萌えの人達に捧げる愛読書です。個人的には今年最高に心躍る一冊。
小人の饗宴
小人の饗宴 (JUGEMレビュー »)
ヘルムート・デーリング
シュヴァンクマイエル好きに少しオススメする映画。全ては垂れ流しだけど、結構心が折れます。個人的にはかなり心に残る映画。
ディレクターズカット ブレードランナー 最終版
ディレクターズカット ブレードランナー 最終版 (JUGEMレビュー »)

工場好きなら必見の映画。いま見ても時代を感じさせない素晴しいSF。
グーニーズ 特別版
グーニーズ 特別版 (JUGEMレビュー »)

小さい頃に影響をうけまくった映画(ファミコンも)。すごくワクワクする。
図と模型でわかる木構造―在来軸組工法
図と模型でわかる木構造―在来軸組工法 (JUGEMレビュー »)
辻原 仁美
コレが手元にあれば、軸組の一戸建の模型が作れる。型紙ついてるし、図面分かりやすいし、模型作る上でかなり参考にしてる本。
活字の本を沢山読むよりも、まず1軒建ててみる。こんないい勉強ない。
S.M.H Vol.9 (9) (ホビージャパンMOOK)
S.M.H Vol.9 (9) (ホビージャパンMOOK) (JUGEMレビュー »)

既に廃版になっていますが、
模型好きなら永久保存版で持ってたい一冊。毎号、著名な作家さんが様々なテーマで作品を掲載しているが、Vol.9は『センセーショナル・ミニチュア・ハウス』がテーマ。
掲載作家は、雨宮慶太、ウェス・ベンスコーター、韮沢靖、竹谷隆之、鬼頭栄作、山田貴裕、岡本健三+太田隆之、安藤賢司、山田卓司、メチクロ、亀井潤、荒木元太郎、町田形、篠原保(以上表紙より)
特に竹谷隆之の『漁師の角度』はカッコよすぎ!

Beksinski
Beksinski (JUGEMレビュー »)
Piotr Dmochowski
↑これは廃版になってるけど、最近復刻版が発売されたそうです。見かけた人は、ぜひ中身を見てみて下さい。
シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン
シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン (JUGEMレビュー »)

ものすごく怖かったけど、映像が好きな作品。
銀河鉄道999 TV-SPECIAL DVD-BOX「時の輪の旅人」
銀河鉄道999 TV-SPECIAL DVD-BOX「時の輪の旅人」 (JUGEMレビュー »)

銀河鉄道って理不尽なことも多いけど、見たい時に手元において置きたい。
突き刺されても仕方がない
category: 日常 | author: bquiet


想像力が乏しい人は、突き刺されても仕方がない。
0
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    夏休みの自由課題
    category: 日常 | author: bquiet
    世間は夏休み。

    日々スーツの波に消え入りそうだけど、
    たぶん東京が36℃超えた頃、
    記憶が小学生に飛びました。

    たぶんあれは、夏休みの自由課題。

    その頃から模型が好きだった私は、
    なぜか自由課題に『パチンコ台』を作ることを選びました。

    小学生のくせに、なぜパチンコ台を選んだのかは、
    もう自分でもわかんないけど、
    おそらく、夏祭りにやってくるテキヤのパチンコにはまってただけ。

    自分で設計図かいて、
    デザインとかも考えて、
    確か低学年だったから、
    父親に助けてもらって、
    ひたすら釘うった覚えがあります。

    久しぶりに思い出して、
    なんだかその思い出が楽しくて、
    しがない大人になった自分でも、
    自由課題してみたくなりました。

    誰にも見せない研究も楽しいね。
    0
      comments(4) | - | PAGE TOP↑
      物悲しい風景って
      category: 日常 | author: bquiet
      今日は台風。
      台風大好き。

      そこでふと、
      自分がなぜ台風が好きなのかを考えてみました。

      と、思い立ったのは、
      今日の買い物帰り。

      重い酒買って、腕が痺れて、
      雨もぱらついて、とにかく家路を急いでて、

      ふと、こんな時、
      看板に当たって死んだら嫌だなとか考えてたりしてて。


      凄い突風とともに、
      バタバタなびく音を振り返ったら、
      寂れたコンクリ塀に、
      壊れたビニール傘が、
      なんだかやけに頑張ってました。

      たぶん、
      そんなとこ。

      自分でも何がいいか分からないけど、
      なんだかソレが楽しくて立ち止まって見たりして。

      薄暗いものって、
      なんでこんなに楽しいんでしょうか。
      0
        comments(2) | - | PAGE TOP↑
        自己否定
        category: 日常 | author: bquiet
        数年前から自己否定やってます。

        昔は根拠のない自信を持ってる方面だったけど、
        QRやってるせいか、とりまく人たちの影響か、
        常に自分を他人目線で見る癖がついてきました。

        ちなみにココで言う自己否定は、
        自分の思考や能力を常に否定して疑うって意味で、
        自己嫌悪とは全く違うシロモノです。
        基本的に自分を嫌うって回路は理解出来ない性質なので。

        で、
        最近になってようやく、
        「自分を信じて!」って励ましの言葉の意味が、
        少しだけ理解出来る様になりました。

        自分の見てる世界を世界そのものだと信じる人には、
        そんな言葉無用だと思うのですが、

        世界は所詮大脳の勝手な自己解釈だと信じてる人には、
        自信を無くした時に効果がある言葉かもなって。

        って、
        ドラマ見ながら、
        ふと考えてみたってだけの話です。
        0
          comments(0) | - | PAGE TOP↑
          新しい箱
          category: 日常 | author: bquiet
          ただいま、
          新作用の箱を作っています。

          とても手書きの図面じゃ作れないパーツ数だから、
          今回はちゃんとCADで図面おこしから。

          でも、これが非常に大変…。
          いつもの箱の10倍ぐらい面倒…。

          以前作った什器のように、
          外箱作るだけで精一杯な予感がしますが、
          なんとかデザフェスに間に合うよう頑張ります…。

          で、
          箱とは関係ないけど、最近作った極小松↓


          多分、デザフェスに出展します。
          0
            comments(2) | - | PAGE TOP↑
            世界が打上げ花火
            category: 日常 | author: bquiet
            私は、物凄く目が悪い。

            牛乳瓶の底みたいな眼鏡がないと、
            世界は全て抽象画。

            だから、
            普段はコンタクト必須で、
            裸眼じゃ外を歩くのも覚束ない。

            程度で言うと、
            3m先の大親友が判別の限界。


            でも、
            たまに好奇心で、
            裸眼でふらり外出したくなるんです。


            で、発見しました。


            弱視ならではの、
            ファンシー体験を。


            見慣れた街灯だって、
            見慣れたカローラだって、
            飛び込む光すべては、
            打上げ花火に見えるって。


            これって、
            弱視しか分からない経験なんでしょうね。

            初めて、
            目が悪い自分を褒めてあげたくなりました。


            もはや花火大会なんて
            クソクラエ。

            弱視の友は、
            裸眼で近所探索へ。
            0
              comments(5) | - | PAGE TOP↑
              アートガイア河口湖ミュージアム
              category: 日常 | author: bquiet
              このギャラリー、良かったです。

              河口湖に行ったついでに、
              ふらりと訪れたのですが、
              予想に反して、
              良いものが見れました。

              で、
              素敵な牛達の写真をパチリ↓




              動物をモチーフにした企画展は撮影禁止だったのですが、
              金丸悠児さんの作品が、とても良かったです。
              ああいう絵の具は楽しいなー。

              ココは寄付制?ということで、
              入場料もなく、かなりオススメです。

              気になってた作家さんの作品もチラホラ見かけたりして、
              なんだか得した気分でした。

              アートガイア河口湖ミュージアム
              0
                comments(0) | - | PAGE TOP↑
                色々盛り沢山でも
                category: 日常 | author: bquiet
                日々抑圧全開なので、
                米抜いて体力消耗してる場合じゃないです。

                もう嗜好品全力投球して、
                バーント多量しなきゃやってられません。

                MosterMan聞いて、
                片っ端から押し出して、
                たまに林檎かじって、
                小麦粉製品で体力つけます。

                あーガーナ食べたい。
                0
                  comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
                  アクセス数だけ
                  category: 日常 | author: bquiet
                  やたら訪問者だけ増えても、
                  機械か人間か不明な分だけ、
                  胸騒ぎです。

                  ごく一部のQRピンポイントの方には、
                  なんら進捗状況ナシですが、
                  日々仕事のケムにまかれているので、
                  その辺も火つけて燃やして下さい。

                  幸福論なんてそっちのけて、
                  青いリンゴほうばって頑張りますから。

                  あーもう何もかも膨満感。
                  誰かガードジョウ下さい。
                  0
                    comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
                    google earth スゲー
                    category: 日常 | author: bquiet
                    以前『google earth』の英語版の話を書いたけど、
                    いつのまにか日本語版がリリースされてましたよ。

                    で、早速今日会社で入れてみたところ、
                    もうホント『スゲー』の連発。

                    ナニがすごいって、
                    入れてみれば分かる話なんだけど、
                    簡単に説明すると、

                    1.建物が全部3D表示できる(実家とか会社とか探せる)

                    2.観光地、温泉地、宿泊施設、飲食店などなど、商業施設情報がめっちゃ増えた上に、住所や簡単な説明まで記載されるようになった。

                    3.道や路線も表示される。

                    とにかくもうほんと馬鹿みたいに楽しいです。
                    こんなものフリーで出すgoogleは素敵すぎます。

                    『google earth』が携帯とかに入れて持ち歩けるようになったら、
                    世界中の迷子が減るだろうなー。

                    まだインストールしてない人は↓
                    http://earth.google.co.jp/

                    もう仕事とかしてらんない。
                    0
                      comments(5) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
                      << new old >>
                      PROFILE
                      SEARCH

                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      LINKS
                      OTHERS
                      ART EVENT